昔は身内のお祝いごととして配布したもの

出産内祝いのいわれは?

赤ちゃんの誕生って本当に誰もが嬉しいものです。

うちの母は私の子供を見て「幸せの塊ね!」と言ったものですが、生まれたばかりの赤ちゃんは見る者全てをほんわか幸せにさせるパワーがありますね。

そんな嬉しい気持ちを込めて、赤ちゃんが生まれた際には親しい間柄だと出産祝い贈るものですが、贈られた方も、お祝い返し…いわゆる「出産内祝い」を贈ります。

しかし、贈る先は親戚を始めとして友人、上司など意外と年齢や背景も多岐にわたります。

ですので、何にしようかな?と結構頭を悩ませがちですね。

そんなあなたのサポートをするべく!今回は出産内祝いに的を絞ってリサーチ。

もちろん、出産はまだの方もこれからの参考にぜひ。

ちなみに…出産内祝いと普通に口にして来ましたが、実はなんで「内」祝いなんだろう?と恥ずかしながらずっと思ってました。

昔は、赤ちゃんが生まれると喜びを込めて周囲のお世話になっている人々に先にお祝いを配っていたのです。

もらったお返し、ということではなくあくまで自分の家のお祝いごとの中のこととして行なっていました。

ですので「内の」お祝い、と言うわけです。

それが転じて、現代ではお祝いをくれたことへのお返し、という意味で使われるようになりました。

一般的には内祝いは出産後ひと月くらいの頃に贈ります。

ちょうど、子供がお宮参りの時期とおぼえておけば間違いないです。

この頃もまたちょと動きが出てきてかわいいんですよね?。

CONTENTS

お日柄チェッカー

熨斗と水引